洗車の基本

プロご用達!あると便利な洗車グッズのご紹介

ひかる
ひかる
こんにちは!洗車を手洗いで初めてみようと思ってるんですが、なにかオススメなものとかこれがあるといいよ!っていうものとかってありませんか?
タケさん
タケさん
お!いい心構えだね!通常の洗車における便利グッズだったり、おもしろグッズを紹介するよ!

らくのりバケツ

タケさん
タケさん
ところで洗車をするときは天井までちゃんと洗える?
ひかる
ひかる
いえ・・・私見ての通り背が低くて・・頑張って手を伸ばしても届かないんで水で流してあきらめてました><
タケさん
タケさん
このバケツはバケツに蓋がついていて、その上に乗ることができるんだ!
ひかる
ひかる
ええ!!乗ったら壊れちゃいますよ~!
タケさん
タケさん
180kgまで耐えらえるから余裕だよ!
ひかる
ひかる
あっ!それならさすがに余裕ですっ(ほっ)

らくのりバケツはほかにも横幅は大きくないんですが、縦長に作られていて車のトランクにもコンパクトに収納できるよ!

弊社の500mlスプレーであれば4本は入ると思います。

洗車スポンジ

洗車スポンジは黄色と黒の2種類あるのはご存知ですか?

黄色のスポンジはウレタン繊維のスポンジで安価なスポンジですが、黒色のスポンジがあるのはご存知でしょうか?

ひかる
ひかる
はいはい!何が違うんですか?
タケさん
タケさん
素材もそうなんだけどこんな特徴があるよ!

黒いスポンジは全体的に泡立ちがいいという特徴があります。

タケさん
タケさん
スポンジで洗うのではなく泡で洗うという意識を持つことが大切です。
ひかる
ひかる
なるほど!洗顔とかもゴシゴシやらないほうがいいっていうもんね!

素材自体も柔らかい繊維を使用しているのでボディを傷つけにくいというのが特徴です。

黒色スポンジのデメリット

黒色スポンジにもデメリットがあります。

それは付着しているゴミが見づらいという点です。

ゴミが付着している状態で洗車をするとその付着したゴミでボディを傷つけてしまいます。

黒色スポンジを使用する際はしっかりとゴミを洗い流してから使用するという意識が必要になります。

黒色スポンジ 黄色スポンジ
値段 若干高い 安い
素材 柔らかい 固め
泡立ち
ゴミ 見えづらい 見やすい
総評 プロが使用するタイプはこちらのスポンジ。丁寧にゴミを処理すれば泡立ちもよくボディを優しくあらうことができる。 安価であるが固い素材のためボディを傷つけてしまう可能性がある。
ひかる
ひかる
なるほど!一長一短あるんですね・・・!
タケさん
タケさん
プロは黒色スポンジを使ってるね!スポンジもバケツに水を入れて洗えば簡単にきれいにできるからね!
ひかる
ひかる
ちょっとチャレンジしてみようかな・・・!?

スプレー容器

洗車スプレーは希釈して使用することが可能なものがあります。

その際にスプレー容器があると、希釈したものをそのまま噴射できるので便利です。

カーピカルのスプレー容器には100mlごとに目盛りがついているので希釈がとてもしやすくなっているためオススメです。

タケさん
タケさん
私は脱脂シャンプーを300mlいれて残りは水を700ml入れて希釈して使っています。
ひかる
ひかる
これなら私でもきっちり分量できそうです☆

百均などでも販売されているのでもっているととても便利なのでぜひ持っておくことをオススメします。

拭き取り用クロス

タケさん
タケさん
ところで洗車の後はちゃんとふき取りをしてる?
ひかる
ひかる
いえ!いつも自然乾燥です!(・∀・)
タケさん
タケさん
あっ!それはダメだね・・・。洗車後はきちんとふき取りをしないと水垢やウォータースポットになることがあるからきちんとふき取りはしたほうがいいよ!

ふき取りの際に注意したほうがいいポイント

  • 吸水性
  • 素材
  • 大きさ

吸水性

吸水性がいいと吹き残しも発生しないので水垢の発生やウォータースポットの発生を防ぐ効果があるほか、作業効率も大幅アップに期待できます。

素材

素材はマイクロファイバー繊維という素材を選ぶといいです。

理由はとても柔らかくボディへのダメージが少ないためです。

大きさ

大きいサイズであれば拭きあげの範囲が広いです。

そのため、作業効率の向上や畳んで使用することで長く使用することもできます。

カーピカルのマイクルスーパークロス

カーピカルのマイクルスーパークロスはマイクロファイバー繊維であることはもちろんのこと毛足が両面で違う構造になっております。

毛足が立っている側を使用すれば柔らかいセーム布のような使用ができます。

また、サイズも450mm×300mmと大きなサイズなため1度で拭ける範囲が大きいのが特徴です。

内窓の拭きあげにも適していて用途が多数あります。

他にも吸水性に特化した洗車用のマイクルスーパークロスもあります。

まとめ

オススメの洗車グッズをまとめてみました。

いかがでしたでしょうか?

いつもの洗車にプラスワンしてプロの洗車をしてみましょう!

ひかる
ひかる
ありがとうございました。
プロ愛用の業務用商品販売店のカーピカル商品のご購入はこちらから